本文へスキップ

校長あいさつ

学校外観

 今年度より長谷川和俊前校長の後を受け、着任いたしました保坂篤司です。どうぞよろしくお願いいたします。
 本校は、明治6年に代山村の興福寺を仮校舎として代山学校が創設され、来年3月で149年目を迎える伝統ある学校です。学校の東側には、日光御成街道が通り、西側には、見沼田んぼを臨む、緑豊かな台地に建っています。学区内には寺社が多く、日光へ の将軍参向に関する伝説や歴史的な建造物・文化財が多く残っている地域です。
 校舎西側には、見沼代用水東縁が流れ、その脇に遊歩道(見沼ヘルシーロード)が整備 されています。緑を求めて、散策をする人々やウォーキングを楽しむ人々が多く、春に は日本一の長さを誇る桜回廊が続き、秋には彼岸花が咲いて、行き交う人々の目を楽しませてくれます。学区の北側には、さぎやま記念公園があり、昭和の中頃までは、鷺の繁殖地として有名でした。昭和30年代には、学校でも鷺を飼育していました。現在では、鷺の個数が激減してしまいましたが、まだ見沼代用水や見沼田んぼには、アオサギやコサギなどが見られます。
 学区の大半が市街化調整区域であり世帯数には大きな変化がなく、保護者の世代はもちろんのこと、そ学校外観 の上の祖父母の世代も野田小学校の卒業生というご家庭が多くあります。そのようなご家庭を含めて地域・保護者の皆様には大きなご支援・ご協力をいただいています。毎年の環境整備作業や花壇の親子植栽、また種々の学校行事など、地域と一体となって本校の教育環境の整備・充実にご協力をいただいています。さらに地域の方々が講師となって、サツマイモ、クワイ、米作り、野菜づくりなど栽培活動にも全学年で取り組んでいます。まさに、地域が学校の学びのフィールドとなって本校の教育を支えてくださっていると言えます。
 学校教育目標は『活力にあふれた学校 ○がんばる子 ○やさしい子 ○学びつづける子』です。「活力」とは、活動の源泉となる生命力です。どのようなことがあっても、元気に動き出そうとするエネルギーにあふれた学校を目指し、がんばる子、やさしい子、学びつづける子を育成してまいります。そして、研究主題を「確かな学力を身に付け、生き生きと学ぶ野田っ子の育成」とし、主に国語科を通して研究を昨年度の成果を生かしながら進めてまいります。
 本校は、全校児童147名、1年生から6年生まですべて単学級の小規模校です。「みんなでつくる みんなの野田小学校」をモットーに、今後も地域・保護者の皆様とともに「この規模・この地域ならでは」の特色ある教育活動を進め、皆様のご期待に応えていきたい と存じます。ご理解、ご協力のほどをよろしくお願いいたします。